2014年7月29日

こけしのゆめ

絵本こけしのゆめ 発売になりました。

==========
こけしはかわいい。かわいいけど奥が深い。
次々と名作を世に送り出す絵本編集者 筒井大介さんからお話いただいた時、描けるかしら?と思いました。
何度も話し合った末に、チャンキーが書いたお話は、「夢みる こけ姉妹」のお話。
夢みがちだけど今一歩踏み出せないところが、自分にも重なるなあ、と感じて描き進める事ができました。
動物やら物やら、大抵のものは擬人化して描ける自信がありましたが、こけしの擬人化?はなかなか苦労しました。夢がリアルに変わる瞬間、擬人化からこけしに変化しますので、注目してみてくださいね。
椎名麻美さんにはかわいいデザイン、学研の木村さんには色々と!
大いにお世話になりました。ありがとうございます。
===============

思えば東京に越して10日目に、土湯こけしまつりに旅することになり、そこでこけし界のスター!みたいな方々に出逢い、淋しい東京ライフをこけしの縁で温めてもらいました。その頃からあちこちでこけしのイベントが催され「こけしブーム」?のような波の端でちゃぷちゃぷ「こけし絵葉書 こけ姉妹」を売らせてもらい、さらに雑貨屋さんやこけしファンの方々にも会う事ができました。そしてそこから、絵本のお話もいただいて、
…って、こけしどんだけ縁結びやねん!!!と叫びたくなる程なので、
きっと皆様にも楽しい御縁が舞い込むことだと思います!
以上、宣伝長くなりましたが、本屋さんで見かけましたら
ぜひ宜しくお願い致します。

お話のチャンキー松本は、同時に、「盆おどる本」とゆう盆踊りの本で漫画を描きおろしてもいます。こちらもぜひ、宜しくお願い致します。